ホームページはこちらです Watkins page
2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうでもよいことながら、SINPOコードの"S"についてふと考えました。
私はあまり丁寧にログは取らないし、受信報告書も滅多に書きません。
それゆえ、SINPOコードなんぞは、平素から疎遠なものなんです。
しかし、巡回する掲示板で投稿される記事にSINPOコードが付記されていて、「おい、ホントかよ!?」と思わず眉をしかめてしまう付け方も散見されます。

SINPOコードは学業の通知表と同じでオール5が最高です。
かってのBCLブームの時には、「ごますりレポート」と言う造語まで出現したほど、このSINPOでの評価はいい加減な状態でした。ちみなにWikipediaで調べると、次のコード表が掲載されていました。
wikipedia.jpg

これでは、まるで受信者の主観でどーとでもしてくれと言わんばかりの基準です。
それはそうです。仮に「信号の強さ」を○×dBなどと定めても、Sメータすら無いラジオで受信するときには一体どうするのか。だから絶対比較はハナから放棄して、このような指針に沿って評価するしか、他に方法がないのでしょう。それもよく理解しています。

では、少なくともSメータが付いていて、いわゆる通信型受信機でございと言う場合のSINPOコードはどうあるべきなのか?それにしても、たかだかSの目安ができるだけで、残りの項目はアバウトそのものです。じゃあ、Sだけでもいいから、もっと客観的につけられないのかと、ぐぐってみたら、ヒット上位順では、さすがドイツあたりのサイトでそれらしいのがありました。
dx-antwerp
のSINPOコードの解説のページからカットしました。
s-unit.jpg

これによると、具体的にSメータのどの位置でS=*と対照表で書かれています。
確かにSメータの振れ方は、JAIA加盟メーカーでは、ある程度申し合わせができていますが、それもS=9の時だけでしたっけ。S=9から下は甘さ、辛さのさじ加減はメーカーまかせだったハズ。これは根が深く、メーターが景気良く振れた方が感度良く思われる購買者への心理的効果なんぞも盛り込まれているので、S=9だけdBm対比が守られていれば、あとはリニアでなくてもカーブもOKとなるようです。まっ、それでも、Sメータがあるのと無いのでは大違いですので、そんなら、その基準で評価するようにしようかとなれば、一石を投じた価値があるというものです。

他のサイトではここにこんな基準が書かれています。
S1, S2, S3: S=1,
S4, S5, S6: S=2,
S7, S8, S9: S=3,
S9+10 dB, S9+20 dB, S9+30 dB: S=4,
S9+40 dB, S9+50 dB: S=5

あるいは、こちらにはSだけに特化した説明も載っています。
s.jpg

そして、これが大事なところ。
本来の意味においては、受信者がプリアンプを使おうが、4分配器を通していようが、到来電波の強度は不変のハズです。それなのに、高利得のプリアンプを通したり、PRE2をオンした後のメータの振れで優劣を競ったり、寸評をアップするのはまったくナンセンスですし、その断り無く放送局にリポートすることは、もはや「このレポートが貴局のお役に立てば・・・云々」の文言を自ら否定しているようなものだと思います。

ぜひとも、ベテランDX'erと自他とも認めていらっしゃる方から範を示していただきたいものだと思ってやみません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Re: SINPOコード
はじめまして
コメントありがとうございます。
この問題は個々人のBCL/DXのスタンスの違いで、まるで解釈というか利用価値が異なると思います。
他人との比較とか、参考とかなら、もはや説得力に乏しい指標になっていると思います。
現代ではペルセウスの画面のイメージカットとアンテナ系の情報があれば、自分がどの程度の位置に
ついているのか、かなり客観的に判断できます。
私としては主観的な要素の多いSINPOコードは受信報告書には仕方なく書きますが、好んでまでは
使いたくない表記なんです。
2011/06/10(金) 20:47 | URL | Watkins #R.xtwTsg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/10(金) 13:31 | | #[ 編集]
化石師匠、こんばんは。
その通りですね。技術の進歩とともに、昔なら取れない信号が取れるようにもなり、反面取れてた信号がノイズの渦の中に埋もれる、そんな世の中になってしまいましたね。
2008/01/12(土) 22:42 | URL | Watkins #-[ 編集]
SINPOのS
Watkinsさん
プリアンプガンガン入れてやればどんな受信機でもS-9+になりますし、
逆に昨今のS/Nの良い受信機ではパッシブアンテナの非常に弱い信号でS-1でもAFゲインを思いっきり上げてやれば内容がほぼ了解できることも珍しく有りません。
アクティブアンテナが有り、性能が良いプリアンプが簡単に手に入る今ではSINPOコードはもう過去のものかもしれませんね。
受信報告の受信設備には「アクティブアンテナのALA1530をミニサーキットの3分配器で分配して受信機OXの内部プリアンプ20dBをonにして受信」等という説明が必要になりますね。
これが一流海外放送なら理解できるでしょうがローカル局では意味不明でしょうね。
何しろ未だにS振れが良いのが感度の良い受信機と信じている方がいるわけですから。
私は最近は意識してSINPOは使わないようにしています。
プリアンプ通した水ぶくれSと比較してもしょうが無いです。
2008/01/12(土) 22:34 | URL | 化石 #CGlW3j1k[ 編集]
Cougar2200さん、こんばんは。
ちょっと固い内容で失礼しました。私は趣味は癒されるべきもので、趣味で疲れるのなら、それは趣味ではないと思っていますので、自分の首を絞めるようなネタ振りはしたく無いのですが、ちょっと思うままに書いてしまいました。
SINPOコードは見る表によって微妙に異なっていますし、私たちがかって教わったようにS=1は聞こえないに等しいとすると、本文に引用したサイトの対照表はヘンなんですよね。でも、気持ちが先行すると、どうしても甘くなりがちなようです。実は私もこうして書くことによって、自分自身の再確認をしたり、勉強をしなおしたりしています。ヘンなところがあったら、どうぞご指摘下さい。
2008/01/12(土) 21:02 | URL | Watkins #-[ 編集]
有り難うございます。
情けない話ですが全く知りませんでした。それでなくてもSINPOコードの付け方が下手なのに・・・
せっかく受信報告するんですから正確な物を送って喜んで貰いたいと思います。今後気をつけて付けたいと思います。
いつもwatkinsさんのBLOGでは勉強させて貰ってます。有り難うございます。
2008/01/12(土) 20:40 | URL | Cougar2200 #9L.cY0cg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://muang77.blog112.fc2.com/tb.php/40-a4e508d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。